スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fusionを使ってみた

Fusionっていうコンポジットソフトウェアがあることは知ってたけど、無料化していたとは・・
一部機能は有料版で、という感じだけど、個人で使う分には十分すぎる機能でビビる。

で、ゲームプログラム上でやってた2DでのライトスキャタリングをFusionでもやってみた。アニメーション機能の使い方の確認でもある。



んで、なにをやってるのかをすこし説明すると、
fusion00.jpg
圧縮きつくて荒れすぎて読みづらいけど。
以下重要目なところを補足。
① blenderでレンダリングした連番のアニメーション画像を「Loader」で読み込む
② HueCurveで低輝度部分をさらに低輝度にして、つまり高輝度成分のみにする
③ 荒いのを隠すために全体をグロー
④ ②の結果にズームブラーをかけて光ってる部分だけを拡散させる
※ここで気が付くのは、エフェクトをかけていった結果、元の画像の領域を超えるとそこから先のデータがなくなってしまう。次になにか合成したときに切れ目ができてしまうので、
⑤ 大きい領域のバックグラウンドとマージしてしまい、その結果を④にも渡す
※これで光を広げて元画像以上の領域になっても途切れない
⑥ 文字ノード
⑦ 全体をブラー
⑧ 「Saver」で出力ファイルを指定

 ②のHueCurveでは
fusion03.jpg
 適当にがさーっとカーブを下げてやれば高輝度部分だけ残る。

 あと全体ブラーや文字間のスペースの時間変化はアニメーションのキーを打ってる。
 キーを打って値をタイムラインにしたがって変化させるには、
fusion01.jpg
 値を変化させたいスライダーのとこで右クリック→Animateでアニメーションさせる準備ができて、
fusion02.jpg
 つぎにまた右クリック→Set Keyでキーを打てる。あとはタイムラインの位置を変えて、スライダーで値を変えた後またSet Keyする。

 あと一番最初によくわからなかったのがプレビューペイン。
 fusion04.jpg
 わかりやすいように最終結果のノードと並べるとこうなるけど、ノードの下にある白丸黒丸のポッチの左右がどっちのプレビューペインに表示するかの選択になってる。
 テンキーの1で左、2で右のショートカットキーも割り当てられてる。
 まあ公式のチュートリアルで一番最初に紹介されてるところですけどね・・・

 さくさくと作業が出きて、blenderのレンダリング時間とこの記事を書く時間のほうが長かった。

 これは素晴らしいのう。
 ノードベースなので、「何がしたいのか」を明確に組み立てられるのと、「何をしているのか」を一目で認識できるのがたまらないわけですよ。BUZZでそういう感じのオペレーションは慣れてたのでいいんだけども。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zerobyteorbit

Author:zerobyteorbit
deathpiyoがgameをdevelopしたり、musicをcomposeしたり迷走したりする。

現在は迷走中。

under the lotusはリビルドのために考え中。

deathpiyo twitter

UnderTheLotus test3h(download)
I'm thinking about rebuilding UTL.


同人音楽アルバム
[Lovers Immortality]
-Japanease-
Lovers Immortality -works until worldend- DLsite.com直リンク
Melonbooks DL
-English-
Lovers Immortality -works until world end- Link to DLsite.com

18+
【東の森の魔女2 VS 魔王 -終宴する世界と肛虐(逆)の魔女たち-】
東の森の魔女2 VS 魔王 -終宴する世界と肛虐(逆)の魔女たち- DLsite.com直リンク
DMM.同人

紹介ページ


【地下迷宮の機械姦自壊オナニー生活。】
地下迷宮の機械姦自壊オナニー生活。 DLsite.com直リンク
DMM同人

紹介ページ




DLSite
Link to DLsite.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。